レーシックはどのように行われるのか

時代の最先端の技術によって実施されるレーシックは他の手術と比べてリスクの低い治療方法と言えます。
ただし必ずしもレーシックで視力を回復することが出来るというワケではありませんので、知識を覚えておきましょう。 レーシックが実際にどのようにして行われているのか大まかな手術方法を事前に理解しておくようにしましょう。
「レーシック手術の話を聞きに行ったらイメージと全く違う」とならないように勉強をしておきましょう。

 

レーシックにおきましては、まず最初に眼球に麻酔をすることとなりますが、これは目薬となっているので注射で痛みを感じる麻酔ではありません。
目薬の液体の中に含まれている麻酔となる成分で効果が出て、このことを点眼麻酔と言います。

 

実際のレーシックにおきましてはレーザーで角膜を削り、その場所にレーザーを照射させ、フラップを調整していくこととなります。
最終的には抗生剤が含まれた目薬を挿して終了となり、その時間は15分〜30分程度と非常に短くなっています。



レーシックはどのように行われるのかブログ:2018/12/01

ダイエットをして体重を落としたとしても、
身体のエネルギー代謝が悪いままだと、
また以前と同じ体型に戻ってしまうということも…

エネルギー代謝を高める方法の一つに、
身体を温める働きを持つ食材を
積極的に食べるという方法があります。

食材には、
身体を冷やす食材と身体を温める食材があります。

例えば…
冬に豚汁を飲むと身体が温まりますよね。
温かいものを食べたということもありますが、
北の方で取れる食材や、冬に取れる食材は
身体を温める働きのあるものが多いんです。

北の方は寒いので、
身体が温まるものを取り入れるということは
自然な成り行きです。

反対に、夏の暑い時期や南国では、
暑い身体を冷やすために、
冷たい食べ物を多く食べるということになりますので、
食材もそうしたものが多いのです。

まとめてみると…
・北の方や寒い季節に取れるものには身体を温める食材が多い
・南の方や暑い季節に取れるものには身体を冷やす食材が多い
…ということになります。

次に見た目ですが、
見た目が温かそうなものが身体を温める傾向があり、
冷たそうな色に見えるものは身体を冷やす傾向があります。

白砂糖や大根、白菜、なしのように白い食材は
身体を冷やすものが多いですが、
にんじんやかぼちゃのように温かい色は、身体を温めることが多いです。

こうした見分け方はあくまでも一例ですので、
全ての食材に当てはまるとは限りません。
にんにくは夏にできて色も白いですが、身体を温める食材ですし、
にんじんやカボチャは夏にできますが、身体を温めますよ。