何よりもクリニックのサポート体制に注目

最近になって視力を回復することが出来るという宣伝文句で数多くのサプリメントが発売されています。
中でも有名なのがブルーベリーですが、その根拠は一切無く、確実に近いのは今のところレーシック手術のみなのです。 安全と言われているレーシックですが、実際には非常に僅かな確率なのですが、感染症や合併症が起こっています。
また視力が想像しているよりも回復しなかったり、元々の視力に戻ってしまったという失敗例が報告されています。

 

レーシック手術をする以前にはサポート体制がしっかりと整えられている病院を探すことが大切です。
中には定期健診や再手術を無償で実施してくれる病院もあるので比較サイトなどで探してみると良いでしょう。

 

レーシックにおきましては技術や経験も大切なことの一つですが、しっかりとサポート体制がされている病院が重要です。
「ここの病院なら信用してレーシックを受けることが出来る」というような病院をまずは見つけましょう。



何よりもクリニックのサポート体制に注目ブログ:2018/8/15

今日はなんとなく思った事を書きますね

体脂肪を落としたいと思って
必死に減量をしている方は、
「絶対に間食はしない!」
と心に誓っているかもしれませんが…

減量と間食って、実は相性がいいんですよ!

体脂肪を減らそうとあまりにも必死になると、
ストレスが蓄積してしまいます。
このストレスこそが、
体脂肪を減らす減量にとっては天敵なのです。

それに、
体脂肪を燃焼させるためには、糖分が必要なんですよね。

糖分というのは、摂取されてから一番最初に燃焼され、
それをきっかけとして、その他のたんぱく質や脂肪が燃焼し始めます。

なので、
少し工夫するだけで、間食を我慢しなくても
体脂肪を減らす減量はできるんですよ!

間食を食べるなら、
「洋菓子よりも和菓子の方がベター」
という話をよく耳にすると思います。

ショートケーキなどの洋菓子は
バターやクリームなどを原料にしているので、
高カロリーになってしまいますが、
大福などの和菓子であれば、一つ食べてしまっても
100キロカロリー前後なのでちょっと安心ですよね。

どうしてもショートケーキが食べたいのなら、
1つ全部食べきるのではなく半分で終わらせる、
低カロリーのゼリーなどを食べる…などもいいでしょう。

それに、間食をする場合には、
ご飯を食べてから三時間後〜6時間以内に摂りましょう。
食後三時間くらいは
脂肪を分解しようとする力が働き始める時間で、
糖分を体質の中にためやすくなっているからです。

さらに、ウエストが減っている時の間食は
脂肪が吸収されやすく、太ってしまいます。

一回の間食をなるべく100キロカロリー以内に抑えて、
食べる時間のルールを守れば、
間食をしても減量の邪魔にはならないんです!

応援クリックしてね・・・プチ(まあ、ランキング貼ってないけどw)