レーシックの安全性は非常に高い

「本当にレーシックをすることで視力回復を実現できるの?」と疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。
実際にレーシックに関する情報サイトを確認してみますと、ほとんどの人がその喜びを感じているという事実があります。 レーシックに注目が集まってきているその背景には非常に高い安全性というものが第一に挙げられます。
しかしその一方におきましては、まだレーザー治療で視力回復するのに不安を抱いている人が大勢いるのです。

 

日本国内におきまして、レーシック手術による失明の報告はされていませんが、失敗のリスクが全く無いというワケではありません。
将来的には、合併症などの心配を指摘している専門家の意見もあることから日本でのレーシックの普及はまだまだ発展途上と言えます。

 

レーシックというのは眼科の専門医によって適正な手術をしてもらうことで、非常に安全に進めていくことが出来ます。
最新の治療機器が揃っており、またアフターフォローも充実しているクリニックを選ぶようにしましょう。



レーシックの安全性は非常に高いブログ:2018/2/09

最近は、
父も母親も外で働く、
いわゆる共稼ぎの家庭って全然珍しくありませんが…

あたくしが子どもの頃は、
父が外へ働きに出て、母親は家にいるという家庭が
多かったんですよね。
あたくしの家もそういう家庭でした。

とは言っても
我が家は裕福な家庭ではありませんでしたから、
母親は家で一生懸命内職に励んで、
家計の足しにしていました。

このころから、
世間で「鍵っ子」と言う言葉が
よく使われるようになってきたようです。

母親も外へ働きに出る家庭が
増え始めてきていたんですね。

そのため、
家の鍵を持ち歩かなくてはならない
子どもが多くなり始めていました。
このような子どもが「鍵っ子」と呼ばれていたんです。

あたくしが通っていたクラスにも、
鍵っ子が何人かいました。

今は週休二日が当たり前で、
土曜日も日曜日も学校はお休みですが…

当時土曜日は、小学校は休みではなく、
午前中だけ授業があったんですよ!

しかし、給食はありませんでした。
当然ながら鍵っ子は、
昼食をどうにかして確保しなくてはなりませんでした。

多くの鍵っ子がどのようにしてこの問題を解決していたかは、
あたくしは知りません。

あたくしの母親は、そんな鍵っ子である仲間を
家に連れて来るように言いました。

あたくしは、母親の言うとおりに、
土曜日には鍵っ子を連れて家へ帰りました。

母親は、
仲間の分の昼食も用意してくれていました。
あたくしと鍵っ子である友達は、仲良く同じ昼ごはんを食べました。

昼ごはんを食べ終えると…
あたくしと仲間は、
仲間の母親が帰ってくるまで
思う存分遊べたのでした。

あたくしは、そんな土曜日の午後が
たまらなく好きでした。